NO IMAGE

2020 9月 音系で欲しい話

  • 2020年9月10日
  • 2020年9月10日
  • 雑記

GGNBの方針

 お疲れさまです。部屋の改造が進んで色々と欲しい物、要らないものが定まってきました。ちなみに現在このブログは私”にぺす”の日記場みたいなところになってて知る人(フォロワーさん)と過去の記事の検索でたまたま踏みいる場合のみの観覧が大半かと思われます。

 というのも記事公開後の初動ビュアーは明らかに一定数までは伸びてその後は一日に1~4人程度のビュアーです(これは私のやる気が無いのでいいのですが)。結構前にも言ってはいましたがGGNB(ここのサイトの略称)を便所みたいな感じにするというのは私の手抜きもあって着々と進んでおります。

 なのでここでは一般的にコンテンツとしての価値としてはかなり不明瞭な記事をあげていきます。それこそ自分用のメモとかですね。で、発信したいコンテンツは優先的にYoutubeにあげていきます。事後のまとめ的な感じでイマジネを使用する感じがおそらくバランスが良いと考えてます。

 

2020玖リスト

 はい、そんなこんなで今回はですね。今欲しいものの更新です。GGNBではもう情報のフィルターはしませんし整理もしませんので思うがままに書いていきます。ちなみに”玖”は9月ってことです。

 欲しい欲しいポイントは私の物欲指数です。必須性は”私の現時点の必要性”です。

マイク

欲しい欲しいポイント70点 必須性20点

created by Rinker
Blue Microphones(ブルー マイクロフォン)
¥17,100(2020/09/21 04:21:16時点 Amazon調べ-詳細)

 現在はBlueのYetiを使ってます。このマイクはUSB接続で簡単に使えるのはいいのですが、逆にUSBでしか使えないという今後の私にとってはやや不便な代物です。性能的には悪く有りません、簡単に音をバッチリ拾うという手軽さのバランスは良い。

 しかし据え置きの手軽さのバランスはいいが、設定を詰めたいなど少しでも用途が外れると中途半端というのが本音。指向性も微妙な働きで、これは反響を拾いすぎてるせいなのかもしれませんが、結構微妙な感じです。よく人にオススメされるのを見るYetiくんですが手軽な据え置きという点がハマる人もしくは見た目以外には自分は特にオススメしません。否定するほどでもないですが、今現在2万付近ならば古い定番というイメージがあります。まぁカワイイんですけどね

 現在欲しいのは悩ましいところなんですが1つがコレ。そう!我らが信頼と実績のゼンハイザー!!ゲーミングも展開してるけどやっぱゼンハイザーという名が欲しくなりますね。マイク自体はこの内容物の中のMe2というものになります。このマイク単品でも2万3000円付近しますので買うならセット一択ですかね?まぁピンマイクになるわけで、今までマトモなピンマイクを手にしたことがないので使い勝手はわかりませんが、使用者のコンテンツを見るに何の問題もない雰囲気。

 なんで今さらピンなのかっていうと、デスクに置かなくていいのと持ち歩きも楽で収納が手軽という点です。現在競合ではRODEの↓コレがほぼ一強という具合で、理想は上記と組み合わせるのが良さそう。動画撮影の際にもピンは手軽なのでいいですね。ちなみにカメラはZV-1を買ってみましたが端子がUSB-Aであるという点はわかってましたが、それ以外は特に不満もなくマイク性能も良いんですよ。後継機が出ない限りはしばらくZV-1ですね。そのZV-1で音声と映像を無加工で撮影したのが↓。ただオートフォーカス音だけ問題です(仕方ない)

 まぁ現環境でも問題はないといえばないので必須性は低いです。ちなみにゲーミング含めヘッドセットはXtrfyのH-1もしくはH-2で今後含めてしばらく十分、マイク性能が大幅に上がるか開放型で面白い選択肢でも出ない限りまぁ優先度低いかなと思ってます。

 

ワイヤレスイヤンホン

欲しい欲しいポイント60点 必須性1点

created by Rinker
AKIKIJP
¥3,580(2020/09/20 10:18:14時点 Amazon調べ-詳細)

 現在使用してるAkikiちゃん。なぜか2000円くらいで売ってた大衆イヤンホンです。こいつで接続性と操作性に特段不満はないということを学ばせてもらったので、高級機とされる選択肢に気にする部分は音質や遮音性、装着性などの細かいところになってきます。逆に言えば細かいところ以外Akikiで十分でして、音質求めるならそもそも有線でアンプつなげって感じになって音源もそこらへんのストリーミングじゃ駄目になってくるなど制約が盛々。利便性重視の選択肢のなかでどこまで細かいところをバランス良く価格に対して細かいクオリティをあげてくかってのが高級機に求めるところでしょうか?ちなみにAKIKIちゃんの音質ですがモノラル仕様の音質はクソofクソで質の低い低音が全てを破壊してきます。ステレオモードなら聞けたもので、高音が出きらない低音が出すぎって感じですがゲーミングヘッドセットの1万クラスの音(密閉として)は余裕で出てるのでコスパは爆発してます。

 先日iPadPro買ってからPC以外の作業時間が増えました。となると無線音声出力が欲しくなるところ。ここだけの話なんですけどね、iPadProはですね、素晴らしい わけ で あります。本当ここだけの話なんで内緒にしてくださいね。ただこれは私の用途において素晴らしいと言ってるのであって、皆に当てはまるかは微妙です。もうちょっと使い込んでから話を使用とは思うのですが世間より辛口めで実用性とパフォーマンス至上主義のデバイスメンヘラの私も素晴らしいと言い切れる端末です。次のスマホもiPadのためにiphoneにしようと思えるくらいに気に入ってます。まだ確定してませんが

created by Rinker
Apple(アップル)
¥29,000(2020/09/20 10:18:15時点 Amazon調べ-詳細)

 はいはい、その流れからするとイヤンホンもAirPodsなんでしょ はぁにぺす おめぇもミーハーになっちまったなぁ。と、今観覧してる人なら全員と全国民が思ったでしょう。大丈夫です、AirPodsはおそらく現時点では選択肢として強くありません。デザイン好きじゃないし音の傾向が好みではないしミーハー感高いっていう印象。ただリファレンスとして機能していて売値が高いってのは正直かなりの魅力です。

 で、何が欲しいのかと言いますと理想はカスタムIEMです。何個買うような沼にはハマりたくないので買う場合は一発目からフラグシップにいく可能性も十分あります。でもその場合は諸々で30万かかるんですよねぇ、ちなみに本来は無線ではないので無線化するってことです。一発目は手頃なトコ行っとけよっていうのが有識者の意見として聞こえてきそうですが、ぶっちゃけ音源はSpotifyなんで最終的な細かい音質は無線化の選択肢もとる時点で重要視してないんですよね(オイ)。つまり所有欲です。そして本気だせば鳴らせるポテンシャルを手元に持っている。この状態を手に入れたいわけであって高音質を優先して導入したいわけではないんですよ。ただカスタムIEMという持ち歩ける最上級の所有欲を満たすモノ、最上級のポテンシャルとデザイン。たまんねえじゃねえっすか?中途半端な選択肢でアレコレするよりもドカンと買ったほうが幸せになれそう だが必須性が今の私には1点くらいしかないのが問題。

 現実的にAKIKIからの買い増しならゼンハイザーが候補かなと。上記でAirPodsを音傾向が気に入らないっていうのは身内が所持して聞いた時の感想です。私低音好きですし。ゼンハイヤホンの音はぶっちゃけ聞いたことないので現時点で把握してません。が、まぁいいっしょ?ってテンションで候補です(クソ)

AirPods買わない理由

 今回の最後はこれで締めます。まず私はAeirPods嫌いじゃないし普及本数からもリファレンスの存在として見てますし、よく言われる音質そのものに対して悲観的でもありません。じゃあなんでっていうところをズラズラと

 まず見た目。うどんじゃないっすか。でも他のワイヤレスイヤホンの見た目も総じて好きではないのでコレは特に嫌なわけでもありません。全くいいと思えてないだけです。その点で言えばゼンハイザーのWイヤホンらしいシンプルなデザインはSONYとAppleと比較して好きと言えます。SONYは大好きですがWイヤホンの現デザインは嫌いです

created by Rinker
ゼンハイザー(Sennheiser)
¥36,300(2020/09/20 13:18:46時点 Amazon調べ-詳細)

 音質はまずワイヤレスとしてっていう前提に書いていきます。書いたとおりAirPodsの音質は言われるほど悪いって印象は持ってません。レビュー漁ってきて一番自分の印象に近いと思った表現を借りると

 ”販売本数の多さからリファレンスとして基準になりうる、Appleのipodから続く音声デバイスの傾向から利便性を妨げない特徴のなさ、フラット傾向で全体のバランスの良さを重視しているように感じる。故に音質で音楽に没頭するという意味では少々つまらない印象かもしれない” (私の文章でわかりづらく書き換えました)という感じが私の印象を言語化するのにかなり近い感じ。上に書いたように私は低音が好きなんですよ、音の厚みで楽しく聞きたい人なんです。オーディオ沼の方からすれば下品な嗜好とも言われてしまいそうですが低音がな出ない高級機は色々視聴してきて満足出来なかったという個人の傾向からです。

 私は細かい音質よりも”最終的に聞いて楽しいかどうか”の方が重要なんです。最終的に楽しいというのは聞く環境と聞くまでのプロセスを含めます。徹底的に環境を整えて最高の音質で聞くのは良い体験でしょうけど、腰を据えて多くを遮断し音楽をじっくり楽しむというタイプでは私はないので、お金をつぎ込んだぶんだけ分かりやすくリターンがある範囲で、気軽に聞ける環境で機能してほしいわけです。なので私はピュアオーディオの沼は意識的に脚を踏み入れませんし、オーディオの音質沼も意識的に避けています。あの世界は難しすぎるし電柱を私用で建てるハメになる。この時点で音質の究極は求めてないのです。

 モニターヘッドホンやイヤホンなども現在優先しないのは聞いてて楽しいという部分を優先してるからで楽曲へのリスペクトはあれどイコライザで傾向変える人間ですし、結局楽しく聞ける=私は低音がある方が好きっていう感じなんですよ。同様にフラット音声にも興味がない感じ、あと聞こえ方もありますがAirPodsのやや退屈な音は僕の好みではないという感じです。よってAirPodsが悪いと言うよりその点での魅力を欠片も感じないという感じ。普及率の高い一本としての魅力は感じてますけどね。身内にちょくちょく借りればそれでよくて、所有したいって欲は0なんですよ。

 あとよく言われる接続性はAkikiで十分。ノイキャンはたしかに凄かったけれど密閉イヤホンの遮断性能で私は十分で個人的に必要性がないんですよね。外音取り込みならそもそも音楽も聞かずに外しますし便利であることは認めつつも私には不要なんですよね。そんなこんなで何もかもAirPodsは私の物欲に合致しないという相性問題で買うことはないかと思われます。とくにネガティブイメージもなくポジティブイメージすらありますが買うことはなさそうかなって

 

NO IMAGE
圧倒的主観がモットーの手探りブログ。フォローRTイイネが励みになります。最新情報チェックにご活用ください。