iPad pro 2020買ってみます

  • 2020年8月30日
  • 2020年8月30日
  • 雑記

今月のカード請求が月給三ヶ月分になりました。どうもニペスです。

タイトルどおりです。理由はいくつかあります。おそらく共通した理由でipadが気になってる人もいるかもしれません。Proである必要性は多くの人にとってあるかと言われれば微妙かもしれませんが、私は動画編集も考えてる時点でPro一択です。性格的にもPro一択です。そういう部分は参考になるかわかりません。

買ったのはコレ、しかもAmazonから買った

created by Rinker
Apple(アップル)
¥105,380(2020/09/20 22:20:19時点 Amazon調べ-詳細)

以下買うとした理由をズラズラ挙げてきます。

まず買ったのはiPadPro2020 11インチ256GB

Proにしたのはアウトプット及び編集作業をするから、上位機種が気になって買い増すとかいう最も金が無駄なことはしたくない性分からProを選択

最も悩んだのはインチの選択。これは買わないとわからないので値段のバランスで選びました。12.9インチは本体分の価格が上がる、重量が増えるのは許容してますけど付属品もそれに順ずるって理由でやめました。画面サイズは魅力的ですし充電の速さも魅力ですが、今必要かどうかもわからないところに金をかけるにしては割が悪いのでストレージにステ振りしました

256GBとしたのは低すぎるとクラウドの容量を使ってもバチバチに不便を招くから、高すぎると売却する時の割が悪くなるから。ということでApple製品は売却も見込んでの価格だと僕は思ってるので、そこらへんの割を見つつバランスの良いとこを選んだつもりです。

ipadを買った理由としてRetinaディスプレイが欲しかった。僕の読者層は日本人が主である=Apple端末での観覧が主になります。ならばモニターもApple端末も多くなります。全体的な色味を見るのにipadは都合が良いわけです。

それならMac、Macbookでも良いじゃんって感じですがiOSに魅力を感じているのであってMacOSに魅力は感じてないんですよね。あと上記2つは買うからにはハイスペック組まないと割が悪いので資金的にキツく、Win機がすでにあるので独自として強みを感じてるわけでも有りませんでした。ちなみにAppleが視覚的にデスクをオシャレっぽくする効果は理解してますが個人的には1mmも魅力に感じてないってことがあります。あの純正マウスのを握ったときに根本的な方向性の違いを理解しました

あとスマホと言いますか、大手キャリアが月額取りすぎ問題ありますので楽天モバイルに移行したさがあります。しかし現在のiphoneは対応機種が微妙なんですよ。なので次世代の対応を様子見する形にはなるのですが、仮に変える形になってもicloudサービスを現役で使い続けておきたいっていう意味でどこかにApple環境を確保しておきたかった。

私はスマホの機能性と気軽さは好きですが画面の小ささからくる各種操作と表示の制限が嫌いで家に帰ったらほぼ触りません。しかしPCは一度付けたらその日が終わるような、なんというかPCとそれ以外の境目がありすぎて気軽さがないんですよね。そういう意味でスマホの拡張に近い立ち位置でPC化の方向に進みつつあるiPadに魅力を感じたわけです。あと各編集作業やアウトプット作業で爆速の立ち上がり、デジタルとアナログの融合という使い勝手に憧れがありました。作業ハードルを下げるっていうのは単に機能を上げれば良い問題ではないんですよね。そこに金をかける価値は単順な機能コスパよりも判断が難しくリスクも高いです。不安ではありますがハマった時の見返りは大きいですね

あとはLumafusionを使いたかった、Kindleを見やすい形で読みたかった、タスク管理をしたかったという理由からiOSとiPadはいい選択肢だった

色味を見たいという理由を上で書きましたが、現在WinPCのメインモニターも色々考えてます。で、次の選択肢は決まってないのですがAppleRetinaの色味も1つの基準にしたい、最悪メインモニターは機能のみにステ振りして色味はiPadでという使い分けの選択肢を確保してコスト管理するという理由もあります。

とまぁそんな感じですね。購入段階で言えば買った理由はそんな感じ。明日着弾予定ですので使ってみてどうなるかですが、駄目だったら駄目で高く売れるので まぁいっかという感じ。そんなわけで買ってみます。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥105,380(2020/09/20 22:20:19時点 Amazon調べ-詳細)
圧倒的主観がモットーの手探りブログ。フォローRTイイネが励みになります。最新情報チェックにご活用ください。