部屋改造計画 弐

  • 2020年5月27日
  • 2020年5月27日
  • 雑記

部屋改造計画 弐

 部屋をガッツリ変えます。計画としては2回目、一回目はコーヒー器具を充実させることでした。そちらは既に終えています。2回目、つまり今回予定している部屋改造計画は外観の変更です。模様替えですら外観の変更って言えるじゃんって話ですが、そのちょっと大掛かりな感じに考えています

 なんじゃいそりゃって感じですね。私の机周りの構成ってのは、まず機能性を最優先に現在構築されています。なので私の用途で私以上の機能構築は現在見たことがありません。チェアの厳選、机の高さ調節、モニターの距離高さ角度インチの調節、ベゼルレス240Hz縦に2枚構成などなどなどなど 

 基本的に外観は完全に捨ててとにかく自分専用に機能だけで組んだ状態です。それが完成し、それでは今から機能を厳選していく。つまり捨てれる機能を捨てていく段階。そして不要な機能を捨てたらようやく外観に突入です。これが改造計画 弐 になります。既に機能構成の時点で前例がないというか、見本のない答えのない自分専用の構築と構想になっているので、ここから外観に拘っても当然他人が殆ど参考になりません。また私自身の美意識が凄く稚拙かつ独特なので”ありがちな構成”にどうしても拒否感が出てしまいます。

 現在私の中で部屋の構想は色々とあるのですが、やはり勉強は必要でして色んな人のルームツアーなどをミニマリスト中心に100人ほどは見て回ったと思います。素敵だなと思ったのはその中で10人弱程度、そして自分が金を払って構成したいと思える方向性の部屋は一人だけという具合になりました。ここまで自分の感性に合うルームがないとなると、寧ろ自分のセンスは99%他人と異なる可能性すらあるので超絶ダサいという可能性もあります。

 ですがまぁ私はオシャレすることにはまるで興味はないのですが、ファッションそのものは好きです。ファッションって表現だと思うんですよ、金を払って他人と同じことするのを個人的には価値を感じないタイプなんです。独創的で強烈な個を結局なによりも尊いと思うタチなんで、なんというかAVANTGARDEなモノが好きなんですよ。

 私みたいな陰毛に住み着くノミみたいな存在の独創的なセンスなんて需要があるわけ無いですが、私の中ではあるのでそれを形にしていこうかと思ってます。

 

今回はそんな宣言でした 

 

追伸

 見ての通り読ませる気あんのか?って読みづらい記事になってます。文章が稚拙ってのもそうですが画像を差し込まず、段落調整せずにキーボード叩いてるので読みづらくして仕方ないのは承知しております。チラホラ言ってはおりますが、今後のコンテンツ発信はfサイトとYoutubeを中心に行っていきます。GoGoNooBは中の人ブログみたいな感じになります。fサイトは整理された情報のつもりで発信しますが、コチラは中の人の無編集の書きなぐりになります。なので暫くは記事構成がこんな感じにはなります。

 あと将来的にはGoGoNooBは名前を変えるかと思います。

 ということでいきなりですが、GoGoNooBという名前を採用したわけをココでべらべらっと書きなぐっていきます。この名前には本当に色々と意味を込めました。

 響きとしてGoGoNooBってクソダサいじゃないですか。これは私がサイトを構築するのに初めてWordpressを使用したということで、SEOを多少意識したというのと一発で名前を覚えられるというのと、かしこまらないかっこよくない名前にしようということから馴染みのある単語のGoとか、一部には馴染みのあるNoobを使ったわけです。

 

※以下はけっこうな長文なので気が向いたらどうぞ

 

 サイトの意味としてはイケイケ!初心者!みたいな感じですが、これは私が一番最初にサイトを立ち上げた際に行き着いたスタンスでもあるメッセージによるものです。というのも一番最初に立ち上げたサイトはシューティングゲームのプレイヤー育成考察ブログでした。

 立ち上げた理由を濁さずに書けば「マッチするプレイヤーが弱すぎて試合がつまらん」という理由からでした。すんごい生意気ですが、これは綺麗事を廃しただけで根底は現在のコーチングと似たようなものです。つまり強くなりたい人を支援する、強いプレイヤーと成長する過程がPvPという無限のエンドコンテンツにおいて至高のエンタメとなる要素だと考えていたからです。この頃はまだTwitterもありませんしスマホもありませんし、Youtubeもマニアックなものでe-sportsなんて概念も当然ありませんでしたが”勝利するための追求そのもの”がPvPの真の楽しみであったと信じていました。これは永遠に変わらないと思います。

 実際強いプレイヤーはウジャウジャいたにはいたのですが、なんでこんなクソ生意気な理由で立ち上げたかと言うと、突き詰めたレギュレーションでのPvPでは強者よりも弱者が試合を決めてしまうんですよ。ゲームタイトルによって度合いは変わりますが、質の高い対戦を楽しむには全員が高い水準でないとマッチが歪むんです。そのためのプライベートマッチではありましたが常にサーバー満員を揃えるというのは厳しかったのです。結局野良になるわけなんです。

 イベント上位を狙う人とかはスクリム高頻度でやったりするのでわかると思いますが、野良が混じるマッチは別のゲームなんですよ。クラン戦で勝つための練習として野良のマッチはとんでもなく効率が悪いと言うか、操作面でしか練習になってないわけです。全員が定石を理解した上で連携を取るのが当たり前なのがクラン戦ですが、そのクラン戦をするクランに入れるプレイヤーが割合的にとんでもなく少ないんですよね。それを支援するという形でした。

 結局立ち会って教えれたのは数クラン丸ごととプレイヤー5人くらいだと思いますが、マンツーマンで教えた場合は効果は100%でましたね。成績が確実に倍以上になりました。逆にクラン単位で教えるとモチベーションもバラバラですからクラン戦での定石を教えてるくらいが限界でしたね。これはもう目的意識が一致してない集団なのでどうしようもないんですが

 まぁ教えてきた全てのプレイヤーに対して教える前提となった結論は「初心者は行くしかない」ということ。とにかく行けと、まず数字としてカウントされろって話からになります。世間では「引くことを覚えろ」だなんて言われますが、それは初心者には意味のわからない話なんですよ。現在自分がどこまで行ってるのか理解してないんだから引きようもないんですもの。だったらその選択肢がない安全圏やら極端なポジションや武器に依存しますよね、特定条件でスキル関係なくキルはできますから。ただそんなことをいくら続けても意味はなく、どこかで行くしかないんですよ。なのでGoGoNooBは「初心者で出来ることなんか特にねえから何も考えずとにかく行け」って皮肉臭いニュアンスも含みます。

 そしてこれは自分にも言い聞かせています。色んなことを考えるよりも見定めようとするよりもまずやってみてから考えろと。私の知ってる限りでの世界一のコメディアンの唯一の教えです。まぁ母親なんですけども。 まぁとにかく初心者が考えてどうにかなることなんて殆どなくて、経験もないんだから考察の質も低いことが大半だし時間の無駄だからとっととヤレって話ですね。初心者時代こそ遠慮無用で失敗できますしね。

 ん~ 長い 終わり

圧倒的主観がモットーの手探りブログ。フォローRTイイネが励みになります。最新情報チェックにご活用ください。