NO IMAGE

にぺす エセ ミニマリスト になる

  • 2020年5月18日
  • 2020年5月18日
  • 雑記

 どうもお久しぶりです。にぺす です。

 本当は今回GoGoNooBの成り立ちとかそんなことをガッツリ書こうと思ったのですが、やりたいことができたので急遽変更しました。そのやりたいこと、というか なりたい 存在を思いついたわけです。

 察しの良い鋭い人は気づいたでしょうか?そうです ミニマリスト ってやつです。

「え?今まで散々ミニマリストを小馬鹿にしてたくせに??」

以前はミニマリストを小馬鹿にしておりました。しかし考え方が変わり、一部の理にかなってない理解できないミニマリズムを展開してる人に対してのみ相容れないという考え方になりました。

 

 私はこれからミニマリストを目指すわけですが、当然私、にぺす ですから既存のジャンルに向かって労力を費やそうとは思っていません。色んなコストをかけて他人に追いつくって行為が嫌いなんですよね。オンリーワンのプロセスを経てオンリーワンを作り上げたいんですよ。その全てが尊いので他人を目指すというのはないんですね。よって巷のミニマリストを目指すこともないです。

 

 で、なんで目指し始めたかという理由は4つ

・部屋が永遠に片付かない汚部屋

・モノが映えない

・美しいものが好きである

・なぜ不便がトレンドになるか理解できないので自分がなってみる

 

の4つでございます。

 部屋が片付かないのは正確に片付けられるが維持できない、清掃の手間が半端ない労力で妥協が連続しすぎるという感じ。

 モノが映えない、というのは基本的には私は手の届く範囲でのフラグシップを好みます。ある程度外観まで配慮してデザインされてるので美しいモノが多いのです。ソレが部屋の汚さによって美観が損なわれているという実感からになります。美しいモノが好きっていうのは部屋という空間を綺麗にしたいっていう目線から、モノ1つ1つを美しく見せれるようにしたいという感じです。

 ミニマリスト自体とても不便です。なぜこんなミニマリズムなんかに多くの人が取り憑かれるのか意味がわかりませんでした。なので自分がなって理解しようというわけです。私は経験せずにしたり顔で知ったかぶるのが好きではないので可能な範囲で経験してから語りたいんですよ。

そんな具合でございます。

 

 で、既に着手してまして軽く断捨離しながらインテリアという概念を導入しつつ部屋を小綺麗にしていってます。ミニマリスト方面に動くためだけにマウスを買い替えたりしてますし 大好きなコーヒー用品も入れ替えたり収納の色も変えたりしてます。

 色々調べて経験してみると、ミニマリズムは文字通りの”最小化”ではなく生産性のない無駄を削ぎ落とすマインドにこそ価値があるのだと認識しました。言い方を変えればこのマインドのない最小化は相変わらず私には理解ができませんでした。

 極端な例は服を減らしすぎて毎日同じ服を洗濯して着回すみたいな意味不明な不便さとかですね。ちょいちょい「ネタなのでは?」と思わされることがあります。

 で、そういう意味不明な削ぎ落としをするミニマリストになるつもりはないので、私なりに必要だと思う部分を残した自分なりのミニマリズムを形にしていこうと思います。多分形になってもミニマリストじゃないような感じになりますが、ミニマリストって結局マインドが大切で本質であって、十人十色だと思うんですよね。住宅の条件から職種やら家族構成やら条件違うんですから。片っ端からモノを減らすだけの最小化だと酒も飲めませんし趣味も大きく制限されるでしょう。趣味の制限とかもう相容れないよね。

 ということで私なりのミニマリズムを持って色々環境を変えていきます。多くのミニマリストはいっちゃあなんですがゲーマーから見てクソみたいなマウス、キーボード、モニターを使ってたりしてまして、マウスパッドがなかったりもするわけですね。

 マウスパッドなんて静音化とデバイスの高寿命化と精度安定を机ペラっと敷いとくだけで機能を発揮するのに置かないの?って私は思っちゃうんですよ。ナシで試しましたがガッチャンガッチャン騒音がうるせえうるせえ 正気かミニマリスト?って思いましたが、そのためにマウス感度爆速化と加速設定があるんだなと思ったりもしました。ゲーマーだと絶対にこんな環境でやりませんから やはり経験してみないとわからないものです。

 

 そんなかんじで、まぁいろいろ考えてますが楽しそうなのでちょっと色々やっていきます。このブログ全て持論なわけですが、ミニリストに関しての認識も持論。冒頭に書いたようにミニリストもミニリズムも文字だけであって文字通りの意味はまるでなくて本質のマインドに価値があると思ってます。そのマインドを胸に、なる前からエセではありますがミニマリストになっていこうかなと

NO IMAGE
圧倒的主観がモットーの手探りブログ。フォローRTイイネが励みになります。最新情報チェックにご活用ください。