NO IMAGE

コロナ自粛中なのでインドアのことを少し1

  • 2020年4月9日
  • 2020年4月10日
  • 雑記

 まとまりのねえ記事タイトルだなぁ と思いつつ書いていきます。目次をご覧になって掻い摘んで下さい

 

自粛ムードでゲーム買う人

 自粛で引きこもるのでゲーム、酒、コーヒーなどなどインドアの趣味的なものの消費は増えています。その中でゲームを新たに買う流れがあったりでSwitchなんかが品薄になってますね。

 で、個人的に新たに買うべきゲームハードは何なのか。そんなんPS4一択ですよ。他の選択肢はまぁないですね。

 ゲーム大してやらない人がでっかい声でPS5はPS4の互換あるしPS5一択だよ~とか言うのをよく見ます。嫌いですねぇ。人生をゲームに溶かしてないからそんな言葉が出るんですねぇ。現段階でPS5をオススメ出来るなんて富豪か特殊ヘビーゲーマーか人柱Youtuberくらいのもんです。私は多分買います。特殊ゲーマーなので

 

PS5

 →PS5は現状20万超えPCのスペックを持つ化物ゲーム機なわけです。ハードが今までの基準通りの値段設定ならたしかに買いでしょうけど現実味があるとは思えません。安くて8万、普通に考えて10万付近以上を見ておきたいですね。

 加えてゲーム機が普及しなければソフト開発側も売れる母数が限定されるので簡単に販売に着手できません。なのでユーザーの数同様にソフトが充実するまでに時間がかかります。また機材の初期はトラブルの可能性もあります。保険が効くにしても面倒に変わりはありません。それらの障害をものともしない富豪もしくはゲーマーへの選択肢でしょう。コロナの今オススメできる選択肢としては個人的にありえません。PS4買って自粛終わったら売ってそこから考えた方がいいでしょう。

 

Switch

 ソフトが少なめ、市場価格が品薄で高騰しすぎている。ソフト自体は有名なの多くていいんですけどねぇ~ なにげに結構癖が強いんですよね~。今は他者とも会えないので会ってワイワイすることもできずソフトの選択肢もPS4に負けますし、何より価格がツラい。今買うのには強い意志が要る。その意志があればフロムゲーもクリアできるだろう

 

XBOX

 変態。今買うというより既に持ってるであろう選択肢かと。人口問題とソフト独占不足問題がありますね。スペックは魅力的なのでどうしてもやりたいゲームがあるならアリです。まぁ個人的には独占ソフトでない限りはPC関係にお金回したほうが良いと思います。

 

ゲーミングPC

 ゲーム機として考えるよりゲーム機からの延長線orハイスペPCでゲーム出来るように組むという印象。どちらにしてもダントツで高価な選択肢になる。時期的に悪くないかと思います。シューティングでいいえばVALORANTが控えている。期待値は究極的に高い大手の新作ゲームになるが、実際の評判として結構ハッキリしないと所があるので個人的に現段階でVALORANTのためにPC買うのはオススメできない。また多くのゲームでチーター問題があるためゲーム目的の場合は注意する点が他と違って色々特殊。

 ただPCとしての機能が優れるのでその点ではアリ。PCになれるとスマホは最低限の連絡ツールと管理ツール以外使う気になれなくなります。

 

PS4

 買わないとする理由が一個もない。よってPS4一択。

 

スマホゲー

 知らん

 

結論

 PS4が選択肢として欠点がなく強すぎる。万人向けソフトにモンハンやFF、ドラクエ、キンハーを持ち、RPGにウィッチャー、ダークソウル、ペルソナ、龍が如くなどなど語りきれない。アクションもSEKIROや仁王、無双系などなど語りきれない。シューティングもCODやBFもAPEXもFortniteなどなど語りきれない。なによりさ

 本田翼さんのメインハードPS4やで?

 

引きこもり向け実用的なモニター構成問題

 これは簡単16:9のモニターデュアル運用です。ちなみに上のゲーム機の話題はかなりライト層よりな話ですが、ここの話はPCでの作業をする人向けの話です。ゲーマー含みます。まず私は今までモニターを8枚くらい?買い替えている。1PCで4枚同時に接続して別の機材でもモニター使うなどの5枚構成もやったことありますが、まぁコスパはかなり悪いですね。モニターって色んな構成あるので自分の構成が最強って思い込みやすいんですけども私は色々やってきたので経験で持論展開します。異論は認めます。

4Kってどうなのよ

 個人的に4KはPC作業の点においてオススメしません。解像度が高くて複数ディスプレイ組む際にカーソルの移動だったり通信量問題だったり面倒が多く生じます。また4Kの高解像度を視覚で満喫するには30インチ後半以上が欲しくなります。それをPC作業として適正の視認距離を取る場合同じデスクでは無理があります。普通のモニターサイズにするならば4Kの恩恵もほぼなくなります。

 設置スペースを確保すればいい話にはなりますが、普段使いのやりづらさがある。別のモニターで作業して4Kを視聴用にするというのが個人的にはマストな使い方になるのですがモニターを奥行きのある別置きをするのでケーブル管理が面倒くさくスペースも取る。

 また通信量問題として高解像度設定で使うと、4K側でないモニターに制限がかかってくる。144Hz程度なら大丈夫だが240Hzなどは辛くなる。

 この全てと他の細々した不便点全部を受け入れて4Kを導入するのは4Kの機能性を殺しつつのシングル運用か、スペースとケーブル管理をした分担運用の2パターンになる。他人にオススメできるような選択肢とはとても思えないですね。私の感覚での話ですけどね。

 

ウルトラワイドって?

 オシャレ要素以外の利点がほぼ見当たらない。欠点という欠点もとくにないがマルチディスプレイ運用すると解像度による通信量問題とワイドで統一しない場合の見苦しさ問題でてくる。

 また多くのサイトは16:9ベースなので横に広い分には想定されてないケースが多い。Tweetdeckやらをモニタリングする際に情報量は多くなるが16:9で情報量不足に悩んだことがあるだろうか?そうでない限りは蛇足に終わると思う。ゲーム運用で視野が広がる気もするが、結局プロが実用面でほぼ採用してないところから答えがでてきてる気がする。アスペクトを16:9よりも縦長比率することはあっても逆を見るケースは私はない。

 個人的にはワイドの利点を全く感じないのと、モニターを追加拡張する際に見苦しさが勝つのでシングルモニターで机周りを格好良くしたい人はいいかもしれない。シングルモニターで限定すれば複数タブも使いやすくて4Kよりもいい選択肢かもしれない。ただデュアルを組んだほうが絶対に強いのでやっぱりワイドの選択肢は私にはない。

 

トリプル以上のディスプレイ

 これは人による。1つのモニターをモニタリング用途として使う人はトリプル以上に価値がある。モニタリングとはツイッターやコメントを常に流す、自分や他者の動画や放送などのコンテンツを常に流す、株価や為替を常に流す。そういった人たち向けです。つまり決まった視聴専用の使い方が確定している人は必要分ドンドン増やしていいとお思います。

 モニタリングしない場合はコスパが悪いです。まず作業スペースとしてもトリプルを運用するにはマウスを振る関係で使い勝手が良くない。トライフォースのような謎並べしないと視線の移動量が多い、などなどデュアルとは勝手が大きく違います。またパット見どれがメインモニターやねんっていう美しさに欠けている部分もあります。もちろんモニタリング用途であれば基本は視聴なので作業スペースとして考えなくていいのでいいんですけどね。作業スペースを拡張するにしても二枚で足りないって余程レアなケースです。冷静に考えれば絶対に必要と思わない限りはコスパが悪くなりがち。個人的には全くオススメしません。

 

オススメは勿論デュアル

 結局普通の16:9でのデュアル構成が多くの人への最適解だと思います。モニタリングをする人は専用に追加はしますが基本はデュアル運用がオススメ。

 シングルでデカいモニターでは何がいけないかって全画面表示の勝手の悪さですね。シングルである限り全画面化したらそのモニターの使い方は決まってしまうので並行で作業は出来ません。全画面を有効無効で切り替える手間を毎度毎度するわけです。

 作業スペース的には縦並べをオススメしますが環境的な条件が多いので正直難しいところです(モニターアームほぼ必須で机の高さと椅子の高さが最適である前提)。マウスを振る関係でも特に不便は生じないかと思います。その点でも視野的にも縦並べは素晴らしいんですけどね。

 

結論

 そんな具合で理想は縦デュアル+α、多くの人へは普通のデュアルをオススメします。え?ゲーミングPC持ってるのにシングルモニター?勿体ないと個人的には思います。

NO IMAGE
圧倒的主観がモットーの手探りブログ。フォローRTイイネが励みになります。最新情報チェックにご活用ください。