FF15を見直して(映画、全アプデ、アーデンシナリオ込)

  • 2019年12月30日
  • 2019年12月31日
  • 雑記

歴代FFのわたしの認識

 

※この記事はレビューでもなくアラ探しでもなく、結構好きになれそうな要素散らばってて本当に勿体ない凡ゲーシナリオだから「なんだかな~」ってなったっていう話の記事です。

 

 私はFFにわかなんですが好きなんですよ~FF10までは。年末年始なのでRPGの話ししましょう。ん~とりあえずやってない人はFF10やりましょう()

 個人的には少し異色ではあるものの10は傑作、同様に9も傑作。7はCCの方が好きですが、まぁPS時代にかなり凝ってますしキャラゲー元祖とも言える個性の立て方をしたシナリオはよろしいんじゃないですかね。個人的には9,10が好きなんですけどね。7は凄かったという感じだが圧倒的にザックス派でクラウド好きじゃないので7は特に褒めません

 コレクションになってる456は全部好きですが、ここらへんが1番FFとしてシックリ来るところです。全部好きですが、好みで言えば9と10がシナリオは好きです。456はこれぞFFって感じが強いだけでFFの基盤となってはいるが、いま全力でリメイクしてくれって選べるとしたら910になる。123はやったことないですが3も評判いいのかな?2のテーマも好きですが1と2は時代的にソフト容量が足らずシナリオが少ないのだろうか評判を聞かない。

 12(Ⅻ)はキャラ以外は好きです。ただ戦闘システムは時代の先を行ってた感あって当時はナンバリングでFF10の次にでてるわけですからキャラ同様に馴染めなくて最初は嫌でしたね、慣れたら楽しいんですけど。ただナンバリングじゃなくてタクティクスの派生であれば皆なっとくしたんじゃないかなと。個人的には好きです、

 13はごめんなさい。ストーリー理解した上で好きじゃないです。シンプルにキャラが嫌い、そして好きでもないキャラを猛烈に押し付けられ理解した上でも微妙なシナリオ。リターンズの戦闘面は評価されてますが個人的には13すべてをFFとしてほしくなかった。

 14は新生からでしたが、本編はん~解禁されて早くクリアしましたが微妙だったので離脱してました。今年は漆黒のヴィランズで再起しましたが2019年最高峰の評価を受けるにふさわしい純RPGとしてみても魅力ある一本だったかなと。近い評価として過去のDLCイシュガルドも人気ですよね。ん~FF14は楽しむための条件がちょこちょこあるのですが、そこさえ満たせば非常に面白いし、世界が魅力的。なによりミコッテよ、

 11はわかりません。8はノーコメント。そして15、今回グダグダと話させていただきます。

 

FF15発売日に買って数年後に始めた

 Versusとして最初企画されてましたが13がお察しすぎて見当違いを積み重ね赤字まみれになり頓挫したところを変に作り変えたのが15。初期の評判が猛烈に悪くてプレイしなかったのです。多方面の展開は映画以外全部滑ってますね

 私はFF15を楽しむために発売日前に映画も見ましたよ。FF13同様に本編で語られ切っていない部分が平気で重要だったりする15は映画の内容を事前把握してないと間違いなく印象が悪くなる。つまり映画だけを事前に見ていれば期待感はそれなりに高まる話だったんですよ。ただまぁルナ兄の扱い方をもっとうまく掘り下げていれば非常にアツイ展開でFF15に繋げられたのかなと思います(本編でも扱い雑すぎて色々不憫すぎる)。

 

FF15の最終的な評価は普通

 発売初期は散々でした。私はプレイしたのが数年後だったので当時の詳しいことは知らないですが魔のパートがあったようですね。単純にプレイのテンポが最悪だったようです。私はそこらへんのアプデを全てされてからプレイしたのでそんなに悪くないなっていう感想でした。良いとも思いませんでしたが勿体ない作品だったなと。もう戦闘に関しては中途半端過ぎて言うことはない。

 世間の評価にしても最悪な評価から徐々に巻き返して”普通レベル”になった印象。この普通は数々の凡ゲーを抱えるRPGジャンルとしての普通であって、FFブランドの普通ではないです。

 ただ、映画の理解とストーリーの理解。そして問題のアーデンの理解をすべて含めて勿体ない惜しい普通の作品という感じ。まぁDLC商法だとか田畑さん許さねえとか色々あるんですけど。まぁそこらへんはいいです。

 

こうしてほしかったFF15

 ぶっちゃけVersusで作ってほしかった。

 ぶっちゃけ映画パートを作り込んでゲーム化してほしかった。

 

 上記二案はチートなので除外します。

 

 まず映画パートの理解が必須、親父のスタンスと世界観が映画見ずに導入なしではと~っても馴染みづらい分かりづらい。まず映画と分離したことで大きく損してる。というか分離しちゃダメ、あくまで映像化するならばいいが本編に含まれていない内容がガッツリあるのに重要すぎる。第一障壁の件とルナ兄妹の頑張り、親父の頑張り、ニックたちの頑張り、ここらへん本編だとほぼほぼわからない。FF13で前日譚誰も読んでない事件を繰り返した。勿体ない。あ、FF15と違ってFF13のシナリオはすべてを含めても個人的に救えないと思ってます。異論は認めます。

 そして問題のアーデンDLC、これは本編で少なくともシナリオを理解させないとダメ。やるにしても遅すぎ。察した人はアーデンがひたすらに悲劇の主人公であり、FF15本編の大本のしょうもなさはバハムート(神の定めた運命)によるものとなる。

 FF15はバハムートが「こういう運命ってことで決めといたからよろしく頼むわ~」って感じで、ただそのように進んだだけの話だったわけです。は?ってなりません?

 FF15本編を最後まで見ると、ノクトの存在意義だったり王家がどういうものかふんわりわかりつつ、なんか可哀想なアーデンとオラオラ無駄無駄するわけです。アーデンDLCをプレイするとアーデンの立ち位置が明確になるので王家の立ち位置も明確になり、ノクトとバハムートの位置もわかりやすくなり映画含め本編の流れの見え方が大きく変わります。この変わった状態でFF15を通して遊べば「アーデンぴえ~ん」ってくらいには移入できる楽しめたRPGになったと思うんですよ。

 で、それら全部込みでも結局バハムートの「よろしく頼むわwww」展開でしかないのでRPGとしてそれだけで終わっちゃうってなんなの?って話なんです。いや、そこから運命を捻じ曲げるだの超えるだのするのがゲームRPGの楽しさであってアツさじゃないですか!少年ジャ○プでそんなことした日には許されないっすよ(関係ない)。まぁそうしたとしてもバハムートの筋書きである真の王って部分は全然良いとは思えない設定ですが(何故ノクトが最後にして真となるべきだったのか納得できない)

 正直ノクトは立場的に用意された存在で、真の主人公はアーデン。個人的にはニックとレギス(映画)で進めてクリア後にアーデン解放で、最後にバハムート的な展開で調整して通せばFF名乗っていいくらいにはなったんじゃないかなと思うんですよ。それか最初からアーデンで通して王家側に魅力あるキャラを一人立ててバッドエンドさせるっていう丸ごとエピソードアーデンで良かったんじゃないですかね。レギスキーキャラのくせに結果としてすごい微妙な感じになってるのも勿体ない。そこらへん調整すればFF12程度の評価は受けられたんじゃないですかね(ジワジワきて割と好きな人多かったパターン)。

 

結局主人公PTキャラが微妙

 ノクトとお供三銃士のキャラ設定は王道にすればよかったのに…ホストだなんて言われてますがビジュアルはまぁどうでもいいんですよ中身がしっかりしてれば…普通にしょうもないシナリオでしたからね味方の件。成長と変化を描くのは良いんですけど皆さんが言うグラディオの煩さとプロトのなんだかな~って具合はそりゃ人気でねえわって。ちなみにキャラごとのDLCは別として、アニメがあるんですよ。アレ見たほうが良いんですよね、キャラに若干愛着でます。逆に見ずに本編やったらそりゃあホストPTなんて言われても仕方ない。プロトくんがデブキャラだったとか各々のキャラがいい感じだったのに本編で見事にグダったのは勿体ない

 あとルナ兄が報われなさすぎ。これはシナリオとして報われないのもあるが掘り下げてほしいのに一切掘り下げられないでシナリオから離脱してしまうあらゆる方面の残念さが非常に勿体ない。ルナ本人も映画の頑張りは何だったのかってくらい登場が少なくやることも少なく、もう見た目がすこすこのスコティッシュフォールドでリアル映像もスコティッシュフォールドだったってことくらいしか覚えてない。

 ノクト本人は別に単体で見れば髪型以外はアリだと思います。まぁ何のスパイスもないシナリオで幼い王子が立派な王になったって感じなわけですが、過程を禄に語られないんですから、うんもう何も言えない。

 

まとめ

 唯一出来上がったキャラがアーデンとニックとイグニスだった印象。

 

 勿体ない対象はルナ兄妹とアーデンとレギスと旧デザインプロンプト(病的で印象きつかったから変更されたとからしい、いやそれで嫌われてクソゲーって言われるくらいならほっとけと)。あとコル将軍やらフード男(旧)やら帝国皇帝

 

 もっとだしてくれ大賞。アラネアたん。ルナたん。ステラたん(旧キャラ)。何度もいうがルナ兄。

 

 救い シドニー

 

 とにかく勿体ない作品だった。もう16ではFF2くらいの王道をテーマにしつつダークストリーに高密度かつシンプルな展開のRPGがやりたいです。陰謀とか神々の意思とか大体ついていけない。あと主人公も無難でいいからシナリオ練って立ててくれと。FF5なんてシナリオだけでキャラ立ってましてからね。

 

まとめ

 

複雑にしなくていい

圧倒的主観がモットーの手探りブログ。フォローRTイイネが励みになります。最新情報チェックにご活用ください。