リクエスト記事12/20 マウスパッド評価

 リクエストを頂いたので今回はその回答記事です。前々から告知をしている新たなサイトの存在があるため分業によりコチラではフットワーク軽く、皆さんの声にチャチャチャっと答えたり、言いたいこといったり、整理せずにズバズバっと発信したりとフランクに動けるのがとても気軽です。ちなみに大量に買ったマウスのレビューですが、まだ一文字も書いてないんだなコレがw

 

 そんなこんなで「ブログ見させていただいてて主観でいいのですが~」っていう連絡をチョイチョイいただけるんですよ。非常に有り難いです。返答できることであったら返答しますので気軽に言ってくれればと思います。特に”主観”でいいのなら好きに書けるので。ただし主観なので問題が100%解決するかは保証できないのと、私もわからない部分はいっぱいあるし答えれない場合もあるのでその場合OKな方は適当な質問でもドンドンしちゃってください。基本的には匿名でリクエスト記事にします

 ちなみに記事化する理由は単純に長文になるからです。記事化しない場合は短文に済む場合、もしくはサクッと書けない場合(膨大な時間がかかるため)などになります。返答自体はします

 で、今回のリクエストです。

ブログの方楽しく読ませていただいております 今回疾風甲XSOFT、雷電XSOFT、ALIOTH、GP1という沼から、にぺすさんの評価とArtisanの企業姿勢を参考に疾風甲を購入しました ですがALIOTHやGP1の滑り心地も正直捨てがたく思っておりますので宜しければにぺすさん独自の評価をお聞かせいただけませんか?

という感じです。

 まず先に言っちゃうとマウスパッドについて答えれる自信はあまりないです。というのも10種以上は持ってますが個人的に納得できる比較方法をあまり確立できてないのと、私自身こだわりが強くないところにあります。あと所持してるパッドの種類も偏りがあるので、多分 競技エイマー系の人に相談すればガチな回答得られると思うので合わせて聞いてみると確実かと思います(それを言う正直さがココの売り)。

 ですがそれを承知で私の主観での意見を聞いてみたいっていう有り難い話だと思うので自分なりに素直に答えてみます。

 

まず質問をまとめる

Artisan 疾風甲Xsoft
Artisan 雷電Xsoft
Xtrfy GP1
MIONIX ALIOTH

が気になっていて疾風甲Xsoft(サラサラ系)を購入したが、GP1 Aliothもやっぱり気になるのですが独自の評価を聞かせて!!独自!!!おっけー!!

 

持論アンサー

Artisan

 まず私がArtisanそのものを評価してるのは企業の製品開発に対する姿勢ってのと、完全フラットであることです。個人的にパッドに求める1番の要素は共通して平面であること、これが一番重要で後は好みとセンサー相性だと思っています。そしてそれをデカデカとメーカー自身が言いきってPRしてるのがArtisanです。実際にありがちなボコボコだったり気泡などの報告は見る限りでは見かけません。

 Artisanはマウスパッド専門メーカーという尖ったところがあります。実際に品質は高く価格も特別高くないので買いやすいです。しかしどれを選べばいいのかわかりづらかったりします。

 とりあえず雷電は触っただけですがセンサーとの相性が猛烈にシビアらしいです。触るとわかるんですが唯一無二のテロテロした表面をしております。このテロテロが生む挙動に強く強くこだわる場合以外は安易におすすめできないというのが個人的な感想です。3360以後のセンサーであればある程度の相性差は改善されてるみたいなのを見たり見なかったりですが、ここまでピーキーだと無責任にオススメしきれないのでできれば試すか、覚悟を持っての購入になってしまうかなと言う印象です。

 他のシリーズに触れると最も多くの人が使いやすいのは零シリーズです。Qck系に似ているので移民が多いです。湿気にソコソコ強く柔らかさ別で選べるので最近人気のQckHeavyの傾向は零XSOFTなどが選択肢になるのかな?しっかり比べてないのでわかりませんが。とりあえずフレンドにXSOFTを提示したら結構気に入ってて暫く使ってたようです。コントロール向けのパッドなので強引に適正を書くとローからミドルの人向けです。ちなみにそのフレンドの方はPC版の元R6Sプロです。

 人気どころは飛燕らしいです。私ももってますが疾風とは柔らかさが違うので比較しきれないです。ごめんなさい。私が最初に買ったのが飛燕ですが、湿気にバチクソに強い。埃や小さいゴミなどに対しても比較的強く高耐久の印象です。ザラッとた梨地表面のポリエステルは他にない感触で、初動が軽く滑らせやすい感じです。特有のザラ感で特徴的な止めやすさはありますが個人的には停めやすいとは言えません。しかしながら昨今の軽量マウスで挙動の評価は見直すべきかなとも思ってまして、パッドの摩擦で制動すると言うより手の力での制動をメインに考え方を変えれば印象も変わるかなと思ってたり。

 疾風は甲のXsoft以外はよくわかりませんwサラサラした感じでArtisanの中での中間的な滑りになります。甲XSoftはすべてを触った上で一番気持ちよくなっちゃった選択肢なので一目惚れ即買いです。価格が高い点以外は大好きです。

 

Xtrfy

 わたしがお世話になってるXtrfyですが、パッドに関してはあまり評価してません。というかパッドだけ評価してません。というのも2つ持ってて2つとも気泡があるからなのです。周りに所持者が多いですが報告は極々少数なのでシビアに気にする必要もなく、ツイッターで愚痴ってたら公式から対応の連絡がきたっていうサポート面は問題ないでしょう。私が持ってるのは日本での扱いがないのでほっといてますが可愛いので使ってます(森デザインあったけど高いです)。コスパ自体はレアなハズレを引かなければ良好です。ちなみにHyperXのパッドも同じような立ち位置で自分は見てまして、プロの採用数も非常に多いのですがフレンドが気泡くらったと嘆いていたので、

 GP1はシットリ系の布らしいパッドです。ALIOTHと似てますね。スタンダードな滑り感でややコントロール向けの印象を受けます。Qck系や零系、その他多くのマウスパッドから移民するのに苦としないスタンダードな印象です。超ウルトラハイセンシ以外は特に文句が出ない印象です。滑るというよりも 滑らかな挙動が特徴です。その代わりに明確にキュキュット止まる感じでもないのでコントロール派がストッピングを重視する際には物足りなさがあるのかなって印象があります。
 XTPはGP1にデザインがついた亜種で基本性能は似たようなものらしいですが、絵柄によって微妙に感触が違うとのことです。デバイスレビューサイトのDPQPさんがそこも触れてたのでチェックすると良いかと思います。使用者を見てて好評なのがアイスデザインとボルケーノデザインが好評なのかな?ここはあまり詳しくありません。マウスパッドはマウスが終わったら評価したいなと。Xtrfyさんマウスパッド全部レンタルで良いので貸してください()

 ちなみにコントロール派はGP2が選択肢として強くなります。人によっては引っかかりを感じるとか滑らなさすぎとかレビューされてるのですが、私としてはパッドのレジェンドであるZowieのG-SRに近い感触(GP1がG-SRよりになった印象)ですので悪くない評価です。ただ、私の使ってるマウスがM1でソールの角が全く立ってないタイプであることと、バンジーを使用してるため気にならなかったという可能性もあります。まぁ見かけたのは役に勃ちづらいAmazonのレビューなので…

 

ALIOTH

 日本ですとLサイズが2000円程度しますが、私はセールで500円だったのでコスパが爆発してて当然とも言えます。GP1と表面が似てるの2000円でも安価なコチラは素直に初心者含めおすすめしやすいです。巻グセにより完全なフラットではありませんがマウスを振る際にわかるレベルではない、アラ探ししてやっとわかる程度の中間層のシワを感じます。まぁこれはGP1は他の多数のマウスパッドも一緒なんですけどね。感じないのがZowieとArtisanですのでこの二社を私はプッシュしてる理由になります。フラットであることは本庄に重要で、競技エイマーがハードパッドを好んだり、効果でも金属パッドのRATMATが評価されてるのはフラットである前提をクリアしてるからでしょう。その人達の間で評価されてるのが非常にマイナーですがXANOVA Phobosになります。しかしながらサイズがMしかないのが欠点です。XtrfyXGPはきになりますがチェックしてません。Xtrfyさんください()

 

という感じです。布シットリ系は選択肢が多いのでデザインとコストで不満ないものをキメてしまって良いのかなと、それ異常になると好みになる印象なので今の私には選択肢を提示しきれないです。私が再びメインで使うのを買うとしたら

今回の件と関係なく個人的に高く評価してるのはやはりZowieとArtisanです。使ってはないのですがG-SR-SEも非常に人気なのでいい選択肢かと思ってます。あとエイマーさんに人気のあるPhobosもやっぱり気になります。

 

結論 

よくわかりません(沼あるある)、好きなマウスパッドは以上のようになります。ごめんなさい。マウス落ち着いたら検証検討します

圧倒的主観がモットーの手探りブログ。フォローRTイイネが励みになります。最新情報チェックにご活用ください。

リクエスト記事の最新記事8件