初めてゲーミングマウス買った時に思ったこと

  • 2019年12月3日
  • 2019年12月4日
  • 雑記

 何を買ったかとレビューなどは後々追加していくとします。買ったのはMaxgamingでドイツからの輸入になりますが、関税がかかり、一箱2500+200円が会計(送料込み)とは別で要求されました。私の決済した注文だけで6箱届くので撃沈です。以前もMaxgaming使ったことはあったのですが、関税でガッツリいかれた記憶はなかった気がします。

 ちなみに数ヶ月前にイタリアから買った業務用コーヒーグラインダー(40万)は関税がかからず、エスプレッソマシン(10万円)はかかりました。ショップの違いによるものなんでしょうか?そこらへん疎いので明るい方教えてくだされば非常に助かります。

 

 さてさて、今回はデバイスのレビューではなく、新サイトの立ち上げも含めて初心に帰ろうかなと思っています。初心の状況自体は大体みんな似たようなものだと思う

・流行ってるゲームやらプレイしたいゲームがあるからPC買うお!

・なんかマウスは普通のだとダメらしいゲーミングのがあるらしい

・デスアダーってのが人気らしい。

・よくわからんけど光ってるし見た目が、ゲーミングっぽい

・最強マウスでオススメされてるし、何千万回もクリックできてDPIとやらもなんかすごい数字!これでいいじゃん!!(まぁ実際いいんですけど)

 

 っていう感じじゃないですか。結構バカっぽいんですけど、最初はそもそもゲーム用の物があるのも知らないし、何が違うのかも変えてどうなるのかも知らない。マウスパッドが布とか最初はガチ勢きちぃ~って思ってましたよ、普段の生活で比較したら意味不明ですもの。挙句の果てに机にディルドを建築する人もいるらしい

 

 おそらく多くの人は1つ目のマウスが基準になるので大体1つで完結する。重要なのが2つめである。唯一の基準マウスがあるのに2つ目を買うのだ、この頃は無駄な買い物になるのかなぁ~なんて心配しながら買うわけですから、ここである程度良いマウスを引けるかどうかで沼への扉に手をかけるかが決まる。そう、Konepureを二代目に触った人なんかはもう終わり。

 

無駄だの何だのそんな感覚はすぐに何もわからなくなる

 

三代目を買いKPでいいやと思いつつ新たな衝撃を求めなんやかんやと手を出し

 

遂に何も考えず、

 

とりあえず買う。

 何が言いたかったか完全に忘れた。ただ、私は初心を完全に忘れたようなので初心に帰って初心者さんにもわかりよい有益なサイトを作れたらなと思います(ここはブログ)

 

 と、記事を締めたら思い出した。

 

この頃になりますと、店頭でとりあえずマウスをニギニギし始めるようになります。マウスについて経験を積んだ者にだけがわかる。したり顔でマウスを握ればわかるのだ、

 

よくわからないということが

 

そう!自宅環境の椅子の高さ、机の高さ、肘の曲がり具合、マウスパッドの位置、バンジーの位置、試す際のソフトの違い、視野角とセンシとソールとパッドの具合の違い。立って適当に棚でニギニギするだけじゃあ全然わからない。画像で分かる部分もあるんですけど自宅に持ち込まないと把握しきれない微妙な部分が絶対にあるんですよ。

 マウスを握る際に腕を置くように握るのと空中で掴むように握るのとでは印象が違う。特に背の低いマウスなんかは手のひらが強く密着するわけでもないのでサイドの握りが変わりやすい。加えて肘の角度が違えば手の角度が変わるのでフォーリングが変わる。試遊の感触との違いはここにあるとおもう。

 

結論

 

迷った時点で 買い 責任は取らない 以上!

圧倒的主観がモットーの手探りブログ。フォローRTイイネが励みになります。最新情報チェックにご活用ください。