お次の散財は?10/1

M4とUL2を思い返す

 XtrfyM4が手に入ってカスタムしたもののかなりの満足感です。再確認出来たのはやはりエルゴノミクスでないと私はマウスに面白みを感じなくてダメだということです。

 というのもゲーマー全体を見てなんやかんや好評なUL2の評判を見てそう思ったのです。あのマウスの強みである軽さと小ささは私のパフォーマンスに結びつく気がしなかったという主観的な感想が拭えず、部族のお祈りしおいてセンサーの個体差やらスキンの品質と値段のバランスやら売り方やら目についてしまってどうしても愛せませんでした。ガワを削って愛機にする作戦も考えましたがM4のカスタムが最高の状態に仕上がってるので、UL2の売却を強く考えましたが水面下で中古在庫が溢れてるマウスなので実は買取の値段は全然高くつかないのです。仕方ないので売る可能性を残すために削らずに比較用としてとっておこうかと思います。

 単なる相性の問題なのでUL2を悪いマウスとは思ってません。ただ値段不相応なクオリティとは思ってます。スキンを手にとったときには素直に落胆しました。8800円程度であればこんな不満も出なかったでしょう。多くの新作マウスが2つ買えそうな値段設定ですからここのクオリティを甘く見るのは贔屓でしょう、どうしてもトータルであのマウスは褒められません。

 一方M4ですがレビューでも褒め殺してないように形状とメインクリックは評価別れます。私も明確にそこはオススメできるとは軽口たたけません。ぶっちゃけここを無責任に褒め殺してしまうとクリックの評価も形状の評価も大きな変化があるにもかかわらず一緒の評価下してひたすら褒めるのではレビューの価値が皆無になると思ってます。

 しかしながらM1ベースの形状であの軽さというのが非常に尊いポイントでして操縦性が良いのは事実です。しかしながら単純に突き詰めたくなりカスタムを施した形になります。メーカー保証は一切受けられなくなるので本当に推奨はいたしませんが、私は自分の中で雲がかかった要素に勝手に改良加えて優等生マウスから私専用の神のマウスに仕上げました。今握ってるわけですが今まで触ってきた中で最高のマウスと大声で断言できます。本来カスタムなんて前提にしたらレビューは成り立ちませんがXtrfyのセンサーがよくわからないけど大好きなので、このセンサー挙動の感覚を理解できる人はM4を素直に買ったほうが良いです。握りのフィーリングは変わっても軽さという強みが活きてくるのがとてもわかり易いです。コピー品が多いマウス業界ですが、この中型ケツでかエルゴノミクスで軽量というのは現状M4だけです。Wolvesも対抗馬にはなりますがケツデカではありません。そしてM4値段が安すぎる。

 なぐり書きなんでアホみたいなこと書きますね。

各センサーの挙動を擬音に例えますと

Xtrfyはヒュンヒュン きゅっっ

Logiはクンクンクン ク

Steelはヌッヌッヌッヌ ク

Razerはクンクンクン ク

Finalmouseはグングングン ンク

凄いバカみたいなたとえですよね。記憶とイメージなのでかなり不正確でとてもレビューになんて書けません。

 

まぁとにかくM4(カスタムしちゃったけど)が最高の状態に仕上がってるので正直これを超える期待感のあるマウスは暫くなにもないというのが私の中で結論出ちゃってるのです。これは好みのと相性の問題なので、色んなマウスを握って認識変わるまではM4推しは変わらないと思います。ちなみに提供品をカスタムするなんてクズもいいとこですから絶対にやってはいけないことです。でもやっちゃったら最良が至高になっちゃったんだよね。なので提供品だから褒めてるんじゃありません。褒め殺すならカスタムせずに褒め殺します。痒いところに手を届かせてM4のいいところを余すところなく味わえる状態になって結果として褒めています。

 

部屋内趣味用品2つと小道具で70万散財

 私はコーヒーが好きです。香り、雰囲気、味も好きなんですが栄養価的にもパフォーマンスを高める効果がありましてエナジードリンクなんかよりも健康的なエナジーです(カフェイン)。で、そのコーヒー用品ですが自家焙煎してるロースターを見つけては豆を買うわけですね。幸いにも少し車を走らせれば非常に品質の良いロースターがあるのです。いずれ紹介します。あ、ちょっとコーヒーのコバナシするけどすぐゲームの話に戻るから大丈夫です。

 で、そんなコーヒー大好きな私ですが焙煎はプロに任せますが豆のまま購入するので砕く必要があります。焙煎して何日目に飲むのかは求める傾向で色々振れ幅があるのですが、砕いてからは早ければ早いほど良いというのは共通です。つまり家で豆を砕くというのが正解なわけです。というわけで買ったのだよ 楽天で買うと50万程度するEK43Sを!ドイツ製マルケニッヒ社のEK43系は世界選手権で何度か使われてる、もう完全に業務用プロ向けの豆砕き機です。Amazonには取り扱いございません。ちなみにこのマシンもそうですがエスプレッソ系のマシンは詐欺サイト多いのでご注意ください。ちなみにこのマシンはフレンチプレスに全く向かないと思ってるのでフレンチプレス派の人は個人的にはおすすめできません。ただしメッシュの粗さによりまして細かいフィルターであれば使えると思います。

 ちなみに私は一般大卒の年収平均と多分一緒くらいの収入ですんで本気でイカれた買い物です。

EK43S
created by Rinker

 

 で、エスプレッソを部屋で作りたくて上の豆砕き機買ったわけです。つまりエスプレッソマシンも買うわけですね。La Pavoniのプロを買っております。その他ブラシややらフィルターやらトランスやらのどんぶり勘定で計70万円ぶっ飛んでます。このマシンも同様に詐欺サイト多いので信用あるとこで購入してください。

La Pavoni
created by Rinker

 

お次の散財は

 というわけで金がぶっとんだので、もう乳首が回らない状態なわけです。それでいてM4の満足感、キーボードはリアフォPFU 隙がない布陣なのである。だがしかし

 

欲はならないんですよね~ ご安心ください。デバイスまだまだ買います。以前投稿した記事を中心に買います。APEXPROに関してはメーカー希望価格での購入ができたら確実に買います。

デバイス沼民のお世話になってるMAXGAMINGで欲しい物8点を全部カートに突っ込んだところ3万円でした。コレに加えてSteelZeroも検討してます。Sense10は悩みどころです、全然買い足す予定なのでお楽しみに。とりあえずこの記事で、あ、コイツの買い物マジで頭おかしいっていうの伝わればと思います。あといかに正直かも伝われば最高です。応援いただければ幸いです。

 

まぁ好き勝手書いてたら何だったんだこの文章って感じですが、思ったことをリアルタイムでアウトプットすると脈絡が本当にない。まさに殴り書きらしい内容だなと

 

圧倒的主観がモットーの手探りブログ。フォローRTイイネが励みになります。最新情報チェックにご活用ください。