超厳選ゲーミングデバイスまとめ 9/25

XtrfyM4こそが私の中での2019年の主役デバイスみたいなものなので区切りがついた。唯一心配していた3889センサーの挙動も実用面で一切問題なかったのでカスタムを施しはしたが素直にM4に乗り換えます。使ってて気持ちが良くてたまらんぜM4!ただここにきて生クリームを吸ったG-SR君が隠居したことでXtrfyGP2を使い、ぁぁぁあれぇいいんじゃないのぉ?ってなってしまいマウスパッド沼に再びハマってしまった。非常に困っている。良いパッドを探している。金属パッドは買いませんけど(耐久平面以外の独自の利点を私が見つけられてないため)

というわけで今回は私基準での現在の気になるデバイスをサクッとまとめてます。8000文字!短い!!既に構成されてるものも厳選してるつもりなので、基本的興味持つものもフラグシップになるかと思います。経験上フラグシップは長期的に見て満足感所有感込でコスパがいいと考えてましてそれらが反映されています。もちろん高ければいいわけではなく、必要な要素にフォーカスした上でのセレクトです。

マウス

現在

メインXtrfyM4カスタム

サブXtrfyM1

予備FinalmouseUL2←カスタム予定

単純に気になるマウスは他に5つほどある(サラッと5つあるとか言う時点で沼にハマってる)。が、M4の具合が良くて気持ちよくなってる真っ最中なので今後の予定はあまり考えていない。そんな状態でも気になる5つはコチラ。

Model oが気になる。コスパ爆発のラインナップを展開するGloriusから出てる大好評だったマウス。評価がよろしく同様にマウス界で定番どころのZowieFK2に似てるということで興味がある。Model o -という小型版もあるが、UL2で小型すぎるマウスにツマミの面白さは覚えたが小型そのものには正直興味がなくなったので普通にModel oがほしいなぁと。ただ日本のAmazonからは高すぎて買う気がしない(1万円)。このメーカーは安いことが売りですんで高値買いは正直バカバカしいです。買うのが面倒くせえので提供ギブミー(くそ図々しい乞食の図) M4がある今買い気は弱め。Gloriousで一番欲しいのはパームレストなんですけどね(マウス側のレストを売っている)、カスタムキーボードも欲しいには欲しいが下に書く候補が強すぎるため、ここにとどめる

model o
created by Rinker

RoccatのKonePureUltlaは今気になってるマウスの中では頭一つ抜けています。元々Konepureは所持しておりました。未設定だとDPI変えるたびにオッサンが現在のDPIを囁いてくれるソフトウェアでした、今はどうなんでしょうね。で、KoneUですが66g程度に軽量化されておりケーブルも変更され、センサーは3389をベースにしたカスタム品。気にならない要素が逆にない。今の流行りである軽量化と、軽量化に伴ってケーブルも意識してくる当たりXtrfyもそうでしたが各メーカから魅力的な出始めました。国内での展開は不明ですがRoccat一家に一本持っておきたい所あるじゃないですか。キーボードも魅力的ですしヘッドセットは試着しただけですがつけ心地良かったのを覚えています。好きなメーカーなので楽しみではあるんですが現状情報が少ないです。欲しい、とても欲しい。

G-wolvesのSK-lは相変わらず気になっているのですが、いつまでたっても3389版の続報がない!!興味が枯れつつある。M4で3389は自分の中でアリなので出れば即買うが、ここまで熱を冷やされてしまってM4も出てしまっては文句も出る。せめてアナウンスをくれと。ついでにサンプルもくれと!!ちなみにHatiには興味ありません。ホームページとツイッターを見るに3389の存在がなかった事にされてる印象すらあるのですがEC系のクローンという需要の秘孔を突かれてしまってるので捨てきれない選択肢のままでいる。最近なんも買ってないなぁ思い始めたら突然買いそうな気はしてるが、その頃には下手したらZowieがなんかだしてるかもしれない。そして購入が面倒くさい。Amazonだと微妙に高いパターンです。ちなみに提供に応募しましたがダメでした。もっとマウスのレビュー多くなったら提供するって言われたのでそのとおりだなと。レビューの数自体は少ないしUL2をクワガタの幼虫扱いしてるレビュアーですからね。そりゃあね

G-wolves Sk-l
created by Rinker

SteelのRival310。店頭で使っただけでわかった。形状が神、センサーも良好の模様。Rival600は持っていたが正直無駄が多くてパッとしなかったのは前のブログでレビューした。対してRival310はサイドのラバー耐久以外は仕上がってらっしゃる。純粋に欲しい。ただ今更買うのもなってことだけで買ってない。M4がなければ買っていた。個人的にはSteelの寿命は少し短い印象があるのでイメージを更新払拭したい。

Rival310
created by Rinker

DreamMacineのDM5はKonepureの次に気になってる。正直よくわからないのだが、ある程度評価をうけるマウスの形状は決まっているので新しい選択肢に手を出したいのです。前作の評判がよろしく、店頭で触ったときも確か良かった気がしたので(秋葉のキャッチについてったガールズバーですべてを忘れた)欲しい。とても欲しい。サンプルをください()。

違う選択肢にはなるがZaunkoenig M1Kも気になってはいる。正確に言うとマウスホイールがM1Kにないので追加された物が欲しい。値段が高いので基本的には多くの人の選択肢には入らないと思うが私がほしいと思うのは興味があってパフォーマンスを期待できてメーカーに期待できるところだけなので、このカルボナーラ好きの開発が展開する製品は高価でも気になっている。特徴は簡単に言えば世界で最も小さくて軽いマウス。カーボン採用で23gというブッ飛んだ具合になっている。クラウドファンディングは悩んでいる。やや変態でシックな見た目は すこである。

あれ?GproWLは?っていう話にはなるがすでに持っていた。エルゴノミクスでないので処分しました。理由は面白みがないからというだけで間違いなく良いマウスです。Gpro使って選択肢を変える人は大体面白みに重点置いてる人だと思います。そういう意味でこのラインナップと所持品は全部面白みあると思います

あれ?Viperは?ってはなしになりますが、出すのが半年遅かった、それにつきます。

あれ?Kainは?ってはなしになりますが、KonePureUがあるのでM4と時期が悪かったしおあずけです。

あれ?XM1は?ってはなしになりますが、結構買う気があったのですがクリックの異音の話を聞いて、仕事柄ですがモノの異音はちょっと怖いんです。反応速度の早さがウリのマウスですが特別重要視してなかったので異音に怯んで今は見送ってます。Viperはこの後に発売されたせいでインパクトを自分は感じられなかったのがよくなかった。Viperは半年遅かった

キーボード

現在

メインRealforceR2PFUリミテッド45gテンキーレス英字

サブFilco赤M2

予備Corsairの静音RGBのやつ

予備Steelseries 6gv2赤←チャタってる

メインとサブで満足してるがSteelのAPEXPROは軸にとても興味がある。リアフォを持ってなかったら確実に即買う、現在割と悩んでいます。というか安い(安くない)ので軸が期待どおりであれば評判どおり”人生最後のゲーミングキーボード”という評価も大げさでないと思えるほどです。正直謎の値段設定なので品質に問題なかったら今後この軸を超えるものがない限り、コレ買っとけ感はあると思ってます。正直軸だけほしいのでLEDとメディア・コントロール分を安くしてほしい。そして提供がほしい。記事にしたいなぁとは思ってる。テンキーレス190$!!なんか国内通販高い気がする。発売は10月4日?ちなみにSteelのキーボ買うならのPRO以外の選択はないと思ってる。

APEX PRO
created by Rinker

XtrfyのK4も気になっている。これはXtrfyからいくつか提供をもらったとは全く別で、そもそもこのメーカーのファンである純粋な興味なところがある。事前の情報でコレ!っていう強みを把握できないが、今までの製品を見るに少ないラインナップながら独自の目線でユーザーの需要を突き、唸らせる選択肢を与えてくるこのメーカーがK4に何を仕込んでるのか気になって仕方ない。デザインが基本シンプルなのも助かるしテンキーレスのデザインは特に秀逸です。というかXtrfy製品が多くなってるのでデスク上統一したくなってきておりインスタ映え狙いたい。そしてインスタのお姉さんとなかよくなりたい(なれない)。というかデバイスのソフトウェア今全部アンインストールしてるんですよね。好きじゃないんですよ。だからXtrfyはとても助かる。マクロ使う人以外は基本的にソフトウェアなんか入れたくないと思うので。サンプルギブミーーーー()!!

Roccatのバルカン君も気になる。まず名前がすこである、強そう。そしてKonepureもそうだがデザインが独自の路線突き進んでるのがすこである。独自の軸に工夫も感じるのですこである。めかめかしいキーボード欲しい。提供(以下同文) デザインが好きなのはあるがこの見た目でどんな使用感なのか気になっており大変悩ましいがフルサイズなので困る

Roccat Valcan
created by Rinker

DuckeのShine7も気になっている。有名なのはmini60で非常に評価が高いが私は普段使いもするしLED不要なので、コチラが欲しい。見た目が無骨で亜鉛合金というところがポイント高い。Duckeの軸はグラつきがなく品質が良いと評判なのでそこが特に気になっている。地味に無骨デザインxRGBはレアな気もする。提(以下同文)。Amazonだと血反吐吐くほど高い。ふもっふさんで買おう。

ちなみにロジの新フラグシップのキーボードは興味持てなかったのでスルー。リアフォの30gは興味あるので今のがだめになったら買おうかなと(数年後の話だろうね)。

RazerはまだBlackWidow推しだとしたら暫く興味ないです

マウスパッド

現在

メイン ZowieG-SR

予備 XtrfyGP2 Artisan零Xsoft,飛燕,紫電

愛しのG-SRが生クリームを吸ってしまったのでカウントが変な具合になる。また同じの買うのも勿論良いのだが面白みが欲しい。ちなみにコントロール派なので滑らないほうが良いのだが、今回G-SRから別の予備に戻って”あらあら、ち~っと滑るのもいいんじゃぁぁあないのぉぉお?”ってなったので非常に困っている。そもそもマウスが軽量になったのだからマウスパッドの基準が変わるのもソールの基準が変わるのも自然だろう。沼の匂いがする。そもそも予備のマウスパッドがArtisan3枚Xtrfy1枚ある時点で更に欲しいとか言ってる時点で頭おかしい。というかG-SRに生クリームぶっかけるやつは世界で初だと思う(隠語とするなら何人かいそう)。ちなみに生クリームをぶっかけた経緯はコーヒーが大好きで自分の部屋でエスプレッソコンパナ(FF14でお世話になってたアレ)をつくろうとしてたからである。ちなみにこんなもの。スタバでも飲めます。

ZowieのG-SRは気になっている。というか生クリームの被害者だ。SEも気にならなくはないがG-SrでいいやってなりそうなのでG-SRでいい。なんというか、故郷である。ママ~!!説明不要である。値段以外は神である

ゲーミングマウスパッド Zowei G-SR
created by Rinker

ArtisanのFXシリーズ零Xsoftも気になっている。元々フレンドである現在のプロにもオススメして使わせた経緯を持つ。メーカー自体がこだわりの強さが凄くマウスパッドの品質に絶対の自信があり相応の評価をされている。私が所持しているのはFXが無い頃であり縁の加工がないため不満があったが改善されている。基本的に品質がいいのにコスパが良いので何枚も欲しくなるのが怖いメーカーである。全部比べたくなるもの。

下にも書くがマウスパッドの品質というのは実は安定しているメーカーが少ない。Artisanはそこへの拘りが強く、完全に平面であることへのこだわりも凄い、梱包も丸めていない状態で販売されている。マウスソールも売ってるのでUL2用に興味がある。

Artisan FX零
created by Rinker

XtrfyのXTP1 NIP VOLCANO も非常に気になっている。というのも私が尊敬してやまないミオニさん(レビューサイトDPQP様の中身様)がM4レビューの際に「Xtrfyのボルケーノと良さそう」と言っていたのだった。フレンドの話にもXtrfyのマウスパッドは柄でちょっと違うという噂を聞いたような聞いてなかったような。そこらへんひっくるめて興味ある。じゃあ逆になんでファンのくせに気になって買ってないねんて話じゃないですか。べた褒めしてるから胡散臭いですし正直に書きますがXtrfyのマウスパッドに関してだけは現在評価しきれてないです。所持しているGP2ですが滑りや止まりなどの具合は良いんですけど謎の膨らみがあるんですよ(気泡ゴムの裂け目だとか何とかよくわからん)。巻き添え食らわすとこういった個体差のある商品は他メーカーでもややあるそうでして、私はハズレを引いてしまった。それでもXtrfyは好きなのだがマウスパッドだけはぁ!!って状態ではあるのだが、欲しいものは欲しい。ボルケーノとM4の組み合わせが気になってしょうがナイジェルケーボン(大好きなミリタリーウェアメーカー)

XTP1 NIP VOLCANO
created by Rinker

マウスバンジー

疑似パラコードが基本になってきて困っている。現在カウガーの吸盤くんなのだが、使用できなくはないのだがケーブルの挟み込みがキツすぎる。それなりに変更するのでもう少し緩めなのが欲しい。あとマウスバンジー自体が2個欲しいのだがバンジーは疎いので困っている

XtrfyのマウスバンジーB1が欲しい。これはもう机上でのコレクションである。明らかに他者のバンジーと形状が全く違いながらデザインがH1と合わせて洒落ている。もうメーカーへの信頼で純粋に欲しいだけである状態。本音でしかないのだが、そろそろ厭らしくなってきたのは十分に承知している。だがバンジー疎いのでメーカーで選ぶのは仕方ないんです。吸盤系は机がマット表面なので最強の吸盤を備えるカウガーでも徐々に空気が入って外れるので重みで固定する系が基本になります。フレンドの評価が良いのもポイントです。ていk()!!!!

Xtrfy B1
created by Rinker

ZowieのCAMADEはもはや定番でしょう。先っちょのデザインだけ気に食わないですが他はもう不満なく評判がいい。先っちょ、先っちょだけ…でも欲しい、欲しい!てい()!!!

Zowie Camade
created by Rinker

RazerのBungee V2も気になっています。ぶっちゃけRazerはあまり好きじゃありません。刺激的な新製品あまり出さずに色物展開してViperが乗り遅れる、ヘッドセットが微妙、メーカー押しが強すぎる印象を持ってます。デバイスカジュアル民には絶大な人気を誇り、確かにDeathAdderやBlackWidowなど素晴らしいのですが、デバイス漁りの沼民からすれば今は今更感があります。なんというか他が頑張りすぎて相対的に魅力を自分の中で失ったのです。しかしながらバンジーに関しては地味に昨年の10月中旬に改良されておったのです。前作と違って評価も良好、見た目も控えめで安いので品質に満足できればコスパ爆発の逸品に追加できます。欲しい。t()

Razer Bungee V2
created by Rinker

ヘッドセット

ぶっちゃけXtrfyH1で満足してて、CloudαとH1で基本頭打ちだと思っています。ゼンハイザーは勿論欲しいです。しかしゼンハは開放でこそゼンハなのでリスニングヘッドホンが欲しい。そもそもBlueマイクのyetiと別のオーディオヘッドホンあるので高額品しかほしくないけど高額品買うならオーディオものが欲しいのが正直なところです。コスパ帯の三銃士であるCloudα、Arctis5、G433はCloud持ってなければ永遠に悶々と悩んでましたが持ってるので候補にはあがりません。そんな中まだ候補に残るやつがいます。

LogicoolのG Pro-Xは気になっております。まずマイクがBlueを傘下につけたことで進化、デザインもシンプルになり、微妙だったヘッドセットの評価を覆したG433でのノウハウを生かしてきてる予感があります。そして値段が安い(安くないが安い)。ただ評価はなんか微妙ですね。そこだけ怖いです。ロジといえばAstroも傘下に入りましたがそちらはあまり興味ありません。

G PRO-X
created by Rinker

HeperXのCloudOrbitが欲しすぎます。ゲーム専用として最強な予感があります。ドライバーはAudezeが関わっており平面磁界を使用。もうこの時点で強い。ただ価格も強すぎてハードルが高く、これならオーディオで足しにしたいという印象。CloudAlphaで信頼してるのも大きいですがAudeze自体が大好きなメーカーでした非常にポイント高いです。ちなみにAudezeのメインラインと思ってる製品は大体20~30万円程度が実売です。デザインがすこ

Cloud Orbit
created by Rinker

ゼンハイザーのHD800S欲しい。もうゲーム関係なくなっちゃった!

HD800S
created by Rinker

HD800Sは良いですよぉ視聴したんですけど尊い音がしました(語彙力✗)。ただし上流の機器の品質を問うシリーズでしてオーディオの沼への入り口になりますが恐ろしすぎるのでふみこまずにいる状態です。

ゲームの話に戻しましてゼンハイザーのGSP600はほしいです。GSP500と550は開放型なので個人的には音質はある程度ヘッドセットの時点で諦めてるのでゲームに不向きと考える開放は選択肢に入りません。評判がよく着け心地もOK。音の実用面で評価されています。ただゼンハイザーだからといって全てOkではなく、あくまでオーディメーカーが出してるゲーミングヘッドセットです。そこのスタンスの理解が重要です。そのうえで欲しいです。t(毎回書くのが億劫になりつつ書く)

ゼンハイザー GSP600
created by Rinker

アンプに関しては同様に既にオーディ用のモノとXtrfySC-1で足りてるので欲しい選択肢は机上のデザインと合うゼンハイザーのGSX1000になります。こちらも私が手にしたい場合はゲーミング用途ですが普通の鑑賞にも使えるとは思います。ただ何よりデザインが良い、私はオールブラック(ちょこっとシルバー)でまとめているので控えめなLEDといいドンピシャなデザインなんです。ゲーミングアンプといいつつも基本的なお仕事はオーディオアンプと大差ないので評判も非常によろしく、フレンドも激推ししてきます。結構悩んでますが既に3倍の値段するDACを間に合わせで購入してる身としては ん~ 難しい選択である。提供があれば悩まずに済むのだが(チラチラチラチラチラ誰もいない)。コレ以外は今は要らない。というか個人的に音聞きはアイポンのイヤポン直挿しで足りるのが本音。贅沢でH1使ってる感じです。実際プロの現場はアイポンイヤポン多いですしね(現場の都合で)。Astroは現在興味ございません。

ゼンハイザー GSX1000
created by Rinker

まだまだ椅子とかイヤホンとかスピーカーとか色々あるのですが無限に書けるので辞めておきます。一応現状こんな感じでデバイスを見ています。

圧倒的主観がモットーの手探りブログ。フォローRTイイネが励みになります。最新情報チェックにご活用ください。