昇降デスクが想像を超えてた

第一回を飾るデバイス:デスク

 第一回モノレビューを飾るのはメインデスクとして導入した電動昇降デスクです。デスクの存在は普段使いやPC作業やゲームにおいてかなり重要で、数々の周辺機器の中でも専有体積が圧倒的に大きいのでインテリア面でもその他の取り回しにも多大な影響を与えるモノです。

 存在がデカいので買い替えしにくく、メルカリなどで売却もしにくいので本来は選択に対して慎重になるべきでしょう。しかしながら機能性が変わり映えしない割に値段に大きな差があるモノ(というか家具)ですので多くの方が安くて似たような製品を選ぶ印象があります。なので敢えて同じものを使ってる人が多いであろう、あまりこだわってる人もいないであろうデスクを一回目の記事に持ってきました。

そもそも昇降の必要性があるのか?

 私は昇降デスクを導入したわけですが、そもそも昇降デスクが必要なのかどうか?とは私も最初思いました。結論を先に書きますと必要性は正直ないです(めっちゃ正直)。しかし最適な机の高さにする重要性は間違いなくあります。つまり昇降できないデスクであれば調整しなくとも自分にあっている高さである必要があります。長時間作業するデスクであって、インテリアデスクではないのですから自分の体のためにも最適な高さで快適な作業をするためには必要不可欠な要素でした。というのも昇降デスクを導入する前は固定デスクで肩こりやら腰痛やら招いていました。

 一般的な机の高さは70cmですがこれは日本成人男性を167cmと仮定した設定かと思います。しかしPCゲームやデスクワークをする際の持続作業はキーボード分の高さと手を多少浮かせる姿勢になるため最適高さは5cm程下がります。一般的な机の高さ70cmに対して5cmの差はバカにならないもので長時間変な姿勢で作業してた場合は体に不調がおきます。その不調を強く実感して環境を変えました。

パソコンの利用と健康 2. パソコンを使う時の姿勢 – Fujitsu Japan より引用

 上の引用した図は人体工学に基づいた理想の姿勢の参考図となっています。いくつかポイントが有りますね。特にキーボードを操作する際の腕の状態が机の高さを決定する重要なポイントになります。別記事で椅子についても触れますが図に書かれている要点から外れると本当に体に良くないと実感させられます。PCの前に座る時間が長い人は無視するべきではないかと思います。

 机の高さを決めるとしても座高や腕の長さ等々の個人ごとの身体で多少は変わります。しかも測定するメジャーが今手元にあるという状況の人も多いとは思えないので簡単な判断材料として

”” 椅子の座面は膝と同じ高さが基本、靴を履いてる場合などでも同様。座ったとき足の裏全体がしっかりと接地可能な高さであることが重要で、足がしっかり設置しないと太ももが圧迫されて血行が悪くなる。また身体を支えるバランスが崩れるため腰などにも影響が出る。加えて机の高さは椅子に座った状態でもスタンディングでも同様に腕を楽に下げた状態での肘の高さに机があるというのが最適。高さがあってないと肩に負担がかかって肩こりになったり、前傾になって猫背になったりしてしまいます。 ””

 机の高さは自分の身体基準で決まってはきますが椅子を基準ともします。自分は椅子を机の高さに合わせてフットレストを購入し応急的に対策してました。が、やはり煩わしいので結局買い換えました。おかげでデスクワーク連続8時間程度しても不調はなくなりました。今回は電動デスクということで更にスタンディングを可能としたのでデスクワークはほぼ際限なく可能になりました。ありがたいです。キーボードスライダーで高さを変える手もあったのですが太もも付近に余裕がないのと、そもそもゲーム向けのデバイスがおけるスペースを確保できるスライダーがないという理由で自作も面倒なのでやめました。

 椅子にも多少の調整機能があったほうが快適性は大きく増します。別記事でも書きますがオススメなのがハーマンミラー社のアーロンチェアかセイルチェアかエンボディチェアあたりが個人的には好きです。用途と相性で色んな選択肢がありますが、私が次買うとしたらどれかかと思います。ちなみに私はSteelcase社のジェスチャーチェアを現在使用してます。デザイン・機能美・座り心地・所有欲・他人との被らなさ全てを両立した素晴らしい椅子です。コスパで勧めるなら中古のリープチェアなんかが最強の一角かと思います。ゲームするからゲーミングチェアじゃなくちゃいけないってわけじゃないので色々見てみると良いです。

昇降デスクの種類

 昇降デスクと言っても、私の中で大雑把に3種類に分別しています。

①ネジなどを着脱して段階的に調整できるタイプ

②手動ハンドル、ガス昇降などで簡単に調整できるタイプ

③電動によるワンタッチで調整できるタイプ

 の3つです。

 まず私の考えですが①に関しては高さ調整できるので自分にあった最適な高さに合わせることが可能ですが、ネジを外したタイミングで急落下なんてこともありますから都度の変更を想定するとデスクの上の重いものを毎回片付ける必要があります。正直面倒臭すぎて自分の最適な高さに合わせたら二度と変えないように思うので、私のようにスタンディングを考慮する場合は論外でしょう。スタンディングを考えないのなら安く済ませられる良い選択肢かと思います。

 ②の手動昇降は無段階ですので更に細かく自分にあった高さを設定できますし、都度の高さを変更できるのでスタンディングするにしても、使用者が変わるにしてもすぐに最適な高さに調整できます。スタンディングを考える場合に買いやすい手軽な選択肢でしょう。私が選ばなかった理由としてはハンドルは見た目が好きじゃなかったので除外し、ガス圧は重いものを乗せると決めていたので何となく除外

 ③の電動昇降式デスクは無断階で細かく好きな高さに調節でき、足の部分についてるモーターで高さを変えています。高さの記憶機能がついてるものも多いのでワンタッチで設定した高さに変わり、変更に手間いらずで作業する必要もなく勝手に設定した高さに変わってくれます。あと何となく見栄えが良いです(語彙力)。実際に購入したのがコチラのブラック↓

購入した決め手はYoutubeで見かけたことと保証期間の長さです。このデスクのレビューは別記事で。

スタンディングが欲しかった理由

 昇降デスクによる高さの重要性やらデスクの種類を書いてきましたが、スタンディングを考慮しなければ遥かに安く昇降デスクを買えていたでしょう。なぜ金がかかるスタンディングを考慮したのかというと、座り過ぎは健康状態へのリスクを大きく高めるからです。私の目的はあくまで快適なデスクワークであって座って作業するためだけではありません。座り続けることで健康を損ねるリスクが有るのならスタンディングにしようという考えなったわけです。というかメンタリストのDaiGoさんの影響が大きいです(論文とはまとめて情報発信してくれてる動画を毎日拝見してます)。

 カリフォルニア大学の研究チームが米科学誌に発表した論文に座り過ぎのリスクに関する報告がされています。イギリスなんかでは2011年の時点で座り過ぎに警鐘を鳴らしてガイドラインが作成されたり、アメリカではIT企業を中心にスタンディングデスクでの立ったデスクワークが浸透してるそうです。

岡浩一朗『「座りすぎ」が寿命を縮める』より引用

 ”座り過ぎ”の研究が進むにつれて、肥満や糖尿病、高血圧症や心筋梗塞、脳梗塞やガンの罹患原因ともなり死亡リスクをあげるとのこと。早稲田大学によると顕著なものとして座りすぎると大腸がんは30%、乳がんは17%罹患リスクを上げるとのこと。

 一日の総座位時間が4時間未満の成人比較すると総死亡リスクは8~11時間で15%、11時間以上で40%上昇することがわかりWHOが推奨する30分以上の運動を週5実施しても相殺できないリスクだそうです。私は健康意識があまり高いほうではないので全てを深刻に考えているわけではありませんが色々と不安になるデータが調べるほど出るわ出るわ、座ってる時間が長いほど体の節々痛くなったり集中力が落ちる実感から導入してみようとなったわけです。

 このリスクについてのプロセスの紹介は長くなってしまうのでリンクと引用で割愛いたします。非常に身近なことですので調べてみることをおすすめします。

座って脚の筋肉がほとんど動かない間、「第二の心臓」と言われるふくらはぎの活動は停止状態に陥っている。言い換えれば、下半身に下りた血液を心臓に押し戻すポンプの働きが停止して、全身に酸素や栄養を送る血流が滞ってしまう。

BUSINESS INSIDER JAPAN 座りすぎの死亡リスクは最大40%増——日本人は世界一座りすぎている

より引用

 そんなリスクを意識して導入したスタンディングデスクでしたが実際に立ちながらのデスクワークは快適で身体の疲れという筋肉の硬直的な感覚でしょうか?身体のストレスがだいぶ解消されて長時間の作業は苦もなく出来るし、不調もなくなりました。健康意識がどの程度になるのかも個人差があるかと思いますが、机は買い替えのしづらい物ですので仮に買わないという結論になるとしても一度考えておいていいと思います。

現在の環境がコチラ

 デバイス照明なしの誤魔化しの効かないシンプルな構成です。案外多くの人はLEDのRGB照明が好きなようですので、ここから自由に照明を加えることも可能かと思います(ベースがシンプルだからどうとでもなる)。

 テンキーレスのキーボードを使用してますが私が生涯添い遂げるであろう神マウスパッドG-SRたんと併用するとピッタリくっつけても幅が83cm程あります。机の幅140cmあるので余裕があり広々とした作業スペースを確保できています。

 スピーカーをどうしても使用したかったのですがスタンディングも考慮するためデスク上に配置する形となっていますG-SRたんは正方形のためスピーカーも置くと奥行きは70cmは必要でしたのでちょうどいいサイズ感です。想像よりも広々としたデスクです。キーボードの大きさが目安になるかと思います。

 また以前はトリプルモニターを並行に並べて使用してましたが結局邪魔くさいだけだと思って机の上をシンプルにし実用性を兼ねた縦並べデュアルモニターにして他を売却。縦並べにする過程でモニターの調整が必要になったのでエルゴトロンのモニターアームを増設し、新たなトリプルモニターを見据えた環境になってます(3つ目は縦方向を横に置く)

 スピーカーはオディオメーカーFOCALのスピーカーです。家にいくつかスピーカーありますがコスパが最もよく感じますし、デザインも好きなのでおすすめです。ちなみにヘッドホンも定価13程のD7000を所持してるのでポータブルアンプ兼スピーカーアンプにもなるハイパワーなChord社のmojoを使用してます。ゲーム時とそれ以外などで色々使い分けています。

 マイクはBlue社のYetiで、感度が良すぎて調整次第で別の階の音まで拾うほど優秀です。夜中にもひっそり喋ってもシッカリ拾うので音質も相まって夜中チャットが出来るし行動制限もされない優れものです。ただ最近指向性が欲しくなってます。

 マウスはLogicoolのGproWirelessキーボードはFilco赤軸で静音リアルフォースが欲しくなってます。マウスバンジーは圧倒的吸着力のCougarを使用。机スレスレにモニターを配置してもバンジーによって動きの干渉を防げています。モニターは上がサブのEIZO社FS2735で発色に優れ広い視野角を持つIPSモニターです。下がメインのベゼルレスのゲーミング特化モニターPixio社PX5で最近でたコスパおばけです。4万以下なのに240Hz,HDR,FreeSync,GtoG0.6msという圧倒的機能性を安価で実現する唯一無二のモニターです。これら全て別記事にてレビューします。

おまけ:机選びのポイント

 スタンディングを考慮しないにしても机を選ぶポイントというのはデザイン以外にもいくつかありますよね。私はデスク三代目になるのですが、この三代目に行き着くまでに机選びで色々考えたことをズラズラ書いていきます。

 初代のデスクは幅が狭いというか家庭でちょくちょく見かける、上にプリンターとか置けるPCデスクです。普通の用途ならばまぁまずこれで事足りるでしょう。しかしながらこの幅では私のテンキーレスキーボードとマウスパッドさえ収まりません。デュアルモニターへの増設も考えた時期でしたので幅問題で変えることにしました。因みに邪魔になりそうな上のフレームは撤去できるので普通に使おうと思えば使えますし幅広バージョンもあります。ただ幅広くんは割高な印象があります。

 

 当時のMGS5を待ちに待っていざ遊ぶぞって時の意気込みを感じられます。まぁ中身はアレでしたが特典欲しさに好きでもないBOSSを買い漁りました。

 このL字デスクは目的の用途としては問題はありませんでしたので3年くらいメインデスクで使ってました。値段の割に作りがよく、きれいなガラスでシックな印象から値段以上の印象があり、そこそこオシャレさんです。机の面積もかなり広く、エスプレッソマシンやら色々置きたい放題です。配線隠しや剛性も不満のないものでした。

 しかし高さがあっていませんでした。高さ問題でゲームに使用するには自分にはあってないと思い、スタンディングデスクへの憧れもあって三代目に行き着いたわけです。キーボードスライダーは私の構成ですと幅が足りず、打ち込む際に動くのが好ましくなかったのでスライダーはこれ以後使わなくなります。高さ対策でフットレスト導入しましたが窮屈に感じたのも変更の理由です。今では作業台や書き物してるときに使用しています。

 三代目メインデスクと併用することで私の部屋はU字デスクと化しています。そして棚まで配置して私の部屋の配置はこんな感じになりました。

 そんなこんなで新たに2019年2月に構築した環境ですが現状の不満点は何一つないので暫くはこれでやっていけそうです。ありがとう電動デスク!すごいぞ僕らの電動デスク!!自分の将来の身体への投資と考えて思い切って買いましたが買ってよかったです。あとはステッパーが欲しいなぁと(DaiGo効果)

圧倒的主観がモットーの手探りブログ。フォローRTイイネが励みになります。最新情報チェックにご活用ください。