CODMW4 マウサー終了のお知らせ

SCE公式のマウサー認識

 安土桃山時代(PS3)から続くマウサー問題に遂に動きがあるかも知れません。マウサーというのはマウスを直挿しして使用するのではなく変換器を介してパッドの信号でマウスを扱うプレイを指します。以前私はSCE(プレイステーション公式)にコンバーター関連で3度程問い合わせた結果は、非公式ツールは全部一緒、「禁止は出来ないができれば使わないで欲しいし責任も一切取らない」という”検知と処罰”の問題がありグレーの扱いになっていました。これは当時(2018年10月の規約)公式の見解であって私の意見ではありません。ただしコミュニティ開催のイベントなどはコミュニティから支持されるレギューレーションに従うのが筋ですので例えばソフト運営が対策することやイベントで禁止することに関してもフリーなわけです。

 更に言えば公式でも担当者ごとに回答が違いましたので問い合わせ当初禁止と回答した担当にも規約を指定して質問したところ、結果的にグレーという回答になりました。これはカスタムパッドのSCUFなども公認モデルでなければ同様の扱いです。公認か非公認かの違いで扱ってるそうです。ちなみにスポンジやスティックカバーはデバイス扱いではないそうです。また、モニターはDACやヘッドセットなどのデバイスは問題ないとのこと(公認でないため動作に責任は持てない)。

 

CODMW4の運営がマウサー対策を明言

 CODMW4を開発するInfinity Wardのプレイデザイナーさん曰く、今作はクロスプラットフォームでデバイスごとにマッチングすることからも今までよりもコンバーターに対して注意を払ってるようです。

 →インタビュー詳細はコチラ charlieintel様

 ザックリと気になるところを抽出しますと

Infinity Wardより

パッドでマッチングしてしまうXIM(変換器,コンバーター)の使用については防止をする検討をしている。現在調査をしており研究中。


PTにマウスがいる場合はマウス使用者とマッチングする。


PCとゲーム機でのマッチングは現段階でオフ機能はない。


クロスプレイとデバイスのマッチングはベータで実装するかはわからない(製品版では実装の予定)


PCとゲーム機でマッチする際の公平性としてPCパッドのプレイヤーにエイムアシストは適用される。機器間では視野角くらいの違いしかないが問題と感じるならば対応する(Hzについては触れていない)

 と言った感じ。PCとゲーム機での視野角による差を気にしてるようですがHzに関しては気にされていないようですね。

 コンバーター対策を明言している部分以外はFortniteと似たようなマッチングになるかと思われます。

 

個人的な考え

 今までマウサーの問題が解決しなかった理由に、コンバーターを検知できなかいことによる”検知漏れの存在”により対策しきれていないのが現状でした。つまり検知するにも信号はデュアルショックで認識しているため高い精度での判定ができないため全面的に禁止するには対応が追いついておらず禁止が明言できなかったと思っています。

 なんやかんや許される傾向にあるカスタムパッドは元々非公認品ですので現在のコンバーターと同じ括りではありますが、大会などで許可されていたり公認モデルが販売されたので問題視されてない傾向にあります(公認と非公認モデルの差がわからないのでルーズに補助入力がなければ全部OKみたいになってる)。いずれにせよ変換器への対策は微妙な状態でした。やはり検知が難しいからでしょう。

 今回CODMW4が使用防止を研究しているということで、接続の認識はデュアルショックである以上、マウサー特有の入力や挙動のパターンを検知して処理するのかなと勝手に予想しております。例えばパッドではありえないカウントが飛ぶ現象やネガティブアクセルなどは微妙に消しきれないマウサー特有の動作かと思われるので、そういったところを監視していったりするのかなと思っています。

 まだHzの差、グラフィックの差、アップデートの差などの機器間の差についてや パッドでマッチングしてからマウスに持ち替える場合どうなるかなどは不明ですが、シッカリと使用防止の方向で動いてることを発言してくれたのは喜ばしい人も多いかと思います。ただ、個人的にはあまり期待しきれていません。

 そこらへんの問題など色々発売に向けて情報が徐々に明かされていきベータでもわかることが多いかと思われます。ベータは9月中旬から下旬にかけて行われますのでチェックしてみましょう。

圧倒的主観がモットーの手探りブログ。フォローRTイイネが励みになります。最新情報チェックにご活用ください。